テクノ・マインド株式会社は快適で確実なICTソリューションを提供します。

テクノ・マインド株式会社

確定申告支援システム

次世代の行政情報化を推進する住民情報システム

概要

確定申告業務における、事前作業・申告相談・その後の住民税賦課に向けたデータ整備までをトータルでカバーしたシステムです。申告業務に精通した方から、新任の方まで、職員様のレベルに合わせたスムーズな入力支援をご提供いたします。

毎年の所得税住民税申告業務をスムーズに

確定申告支援システムフローイメージ

特徴

申告前準備

  • マイナンバー等基本となる住記情報、事業所情報、社会保険料控除の支払額を取り込むことができます。滞納税額情報も税目別に取り込み可能です。
  • 障害者区分や生保、DV被害該当情報等も取り込むことで、適切な準備を整えることができます。

資料取込

  • eLTAX等の給与支払報告書および公的年金等支払報告書の情報を取り込み可能です。取り込み時に自動で個人へ紐づけられるため、手作業は発生しません。
  • 原本確保の観点から、データは取り込み時のまま保持するため、原本と修正事項の比較ができます。

申告受付

  • 申告様式そのままの画面ですので、直感的に入力が行えます。税務署へのe-Taxを用いたデータ伝送も一括伝送可能です。また、履歴管理の観点から、申告受付は変更前の全項目を履歴として保存します。
  • 通常の受付画面の他に対話ナビ機能により、新任の税務課職員様でもスムーズに申告受付の対応ができます

課税準備

  • 必須チェックナビ機能により、申告に用いる各種データチェックをナビに従い実施することで、課税データの準備が整います。画面に従って処理を行うだけなので、4月の人事異動による引継ぎも容易に行えます。
  • 当初賦課用のデータ抽出を行えます。

修正申告

  • 当初賦課後の修正申告等の情報を抽出機能により、住民税システム側へ受け渡すこともできますので、二重入力が不要です。至急の修正申告にも即時で住民税へ反映できます。

電算担当課様向け特徴

  • 総務省中間標準レイアウトで個人住民税データを取り込み可能です。
  • Webシステムのため、クライアント側へソフトのインストールや面倒なセットアップは不要です。
  • 申告会場にPCを持ち込めば受付業務がすぐに開始できます。
  • オープンソースの採用により、データベース等のミドルウェアの購入は不要です。

機能

1. 申告前準備
      各種取り込み機能
住記情報(マイナンバー含む)、事業所情報、社保控除支払額、
滞納税額情報、障害者区分情報、生活保護該当情報、DV情報等
各種取り込み機能
2. 資料取込機能
  • 給報、年報の総務省通達形式でのファイル取込機能
  • 給報、年報の疑似様式イメージ閲覧機能
  • 国税連携データ取り込み機能
  • 国税連携データの疑似様式イメージ閲覧機能
  • 取り込み情報との個人の自動紐づけ機能
3. 申告受付機能
  • 確定申告書 入力機能
  • 所得税青色申告決算書 入力機能
  • 各種付表等入力機能
  • 対話ナビ機能
  • 履歴閲覧機能
4. 課税準備機能
  • 住民税賦課側へデータ提供するための必須チェックナビ機能
  • EUC機能による、独自抽出機能
  • 資料合算機能
5. 修正申告機能
  • 住民税システムとのデータ連携機能

動作環境

スペック項目 サーバ クライアント
動作OS Microsoft WindowsServer 2012以上 Microsoft Windows7以上
ソフトウェア ※詳細はお問合せください ブラウザソフト IE11
メモリ 8GB以上 4GB以上
ハードディスク 200GB以上 -

表は横にスクロールしてごらんください。

ご利用料金

詳細はお問い合わせください。

カタログ

詳しくはこちらから

pagetop